カンボジアの研修生を受け入れる

現在の日本では、少子高齢化の影響を受け、働き手に困っている企業がたくさんあります。

仕事はあってもその仕事をこなすための人手が足りないがゆえに、仕事を引き受けられないという現状もたくさんあるのです。
そんな企業が利用したいのが、外国人の研修生の受け入れです。


一昔前では、主に中国からの研修生の受け入れが多くありました。
しかし現在の中国では、経済的な発展をしたために仕事を選ぶ傾向が強くなったため、なかなか中国の人材を集めることは難しくなりました。

外国人技能実習生情報を厳選して紹介します。

そして直近までは、ベトナムの研修生を受け入れることが多くなっていましたが、現在では人材が集まらなくなっています。



それは、人材が集まらなくなったというよりは、研修生の質が落ちていっているからです。



そもそも人口が日本とそれほど変わらない位なので、限界があるということも言えます。

そして今、ベトナムに変わって注目されているのが、カンボジアです。
カンボジアでは研修生の教育が盛んになって来ており、日本の会社でもカンボジアの政府公認で、育成を行い日本に送り出している企業が多くなっています。

カンボジアでは、現在25歳から29歳くらいの人口が多くなっており、働き盛りで仕事をしたい人が多くなっているのです。

研修では、日本人の日本語教師がしっかりと日本語を教えているところが多いため、コミュニケーションがしっかりととれて、質の良い労働者を確保することができるのです。

労働者の問題を抱えているのであれば、検討してみると良いでしょう。