カンボジアから研修生を受け入れるメリット

最近、外国から、特にカンボジアからの研修生を受け入れる企業が増えてきています。外国人研修生を受け入れることは相手の国に対して成長を促すという国際協力になるだけでなく、若い、やる気のある人材を受け入れることで社内の活性化を図ったりもできます。



また事業の海外展開のきっかけにもなるというメリットもあります。
では、その中でもカンボジアからの研修生を受け入れることにはどんなメリットがあるのでしょうか。



カンボジアは仏教国です。


といっても日本の仏教とは少し毛色が違うものではありますが、それでもやはり年上や目上の人を敬う性格の人が多く、日本の文化に馴染みやすい人が多いようです。

感謝の気持ちを表す時に手を合わせて「ありがとう」というのも日本と同じです。

また気配りができて、命令やルールなどに遵守する人が多いので規律も守ってくれます。


さらにカンボジアは周辺諸国に比べても経済成長が遅れており物価も安く品好走も多くなっています。

外国人技能実習生に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

ですので技術習得、そして経済的に豊かになろうという気持ちが強いのでモチベーションも高く維持されていることが多いようです。

これまで国としても日本はかなりの支援をしているため、日本に対して好感を持っている人が多いのも良いところだと言えるでしょう。

文化的にも考え方なども日本に馴染みやすく、真面目でモチベーションも高いカンボジア出身の研修生は、これからも日本のさまざまな企業で活躍していくでしょう。