日本の企業にマッチしたカンボジアからの研修生

最近、外国人研修生を受け入れる企業が増えてきました。
こういった人材の受け入れは確かに国際協力ができるということもありますし、海外への事業展開の足がかりとなることもあるのでメリットはあるのですが、同時にデメリットもあります。

例えば日本の文化、風習に馴染むことができるのか、という問題や、言語対応の不安などです。



確かにそういった問題は起きていないとは言えません。ただ、そういった問題が起きにくい日本人と相性の良い文化、民俗性を持った国があります。
それがカンボジアです。


実際、この国からの研修生はかなり増えてきており、評価もなかなか高いようです。


ではカンボジアからの研修生は、どうして日本企業にマッチしているのでしょうか。

実はカンボジアは、日本と同じ仏教国なのです。

しかも、日本より敬虔な信者の方が多い傾向があります。

カンボジアの送り出し関連のノウハウを解説します。

もちろん日本の仏教とあちらの仏教は違うところも多くありますが、やはり根幹は同じ。
目上の人や年上の人を敬い、真面目で調和を好む人が多いのです。

そういったところが日本の調和を好む企業文化に合っているというわけです。またカンボジアは、周辺諸国と比べてもさらに経済の発展が遅れている国です。



日本の高品質な技術を学んで帰国し、祖国の経済発展の力になりたい、もしくは、祖国に戻って活躍したいという人も多く、かなりモチベーションが高い人が多いのも良いところと言えます。


真面目で日本文化に馴染みやすいカンボジアからの研修生。これからも受け入れる企業は増えていきそうです。